So-net無料ブログ作成

鶴の舞橋&弘前駅 青森 [日本あちこち]

三忠食堂を出て、津軽富士見湖にある、鶴の舞橋を見に行きました。
日本一長い、木造三連太鼓橋だそうです。

到着すると、あじさいが咲いていました。さすがに津軽の夏は遅い?
5.jpg

12.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

湖とはいっても、大きなため池です。
10.jpg

暑い日でしたが、ここは風が通って涼しく、気持ちよかったです。
近くには、丹頂鶴のやって来る公園もあるそうです。
11.jpg

ここには伝説があって、清水城主が狩りに来て人里を発見し、白上姫と出会います。
一目惚れした彼は、毎日毎日一人で狩りに出かけるようになりました。1年を過ぎた
頃、城主に縁談が持ち上がり、白上姫は忘れられてしまいます。そうとも知らず姫は、
約束した城主の正月用の晴れ着を縫っていました。晴れ着が縫い上がって城へ急ぐ白
上姫は、その日が彼の婚礼の日だと知ります。そしてショックのあまり、この富士見
湖に身を投げてしまいます。翌年、ため池からお城へ向かう白竜を見たという人があ
り、大騒ぎになりました。白上姫の遺恨が竜に化身したというお話を聞いた城主は取
り合わず楽しい新婚生活を送っていましたが、夜ごと狂人のようになり家来を斬り殺
し、ついに新妻さえ手にかけてしまいます。そして吸い込まれるように池に身を投じ
ました。村の人々は二人を手厚く供養すると、それまで魚がいなかった湖に鯉や鮒が
住みようになったそうです。

浮気は男性のサガでしょうか…。可哀想な女性二人と家来。




続いて三忠食堂のご主人に紹介された、田舎館村の田んぼアートに寄ってみました。
すごく立派な村役場です。
13.jpg

これを造る必要性があったのか…と考えるのは、街に住んでいる人間でしょうか?
14.jpg

聞けば、1時間待ちだそうです。第一会場の4Fまで登るのに300円。6Fの天守閣には
200円。合計500円。第二会場は弥生の里展望所という所にあって、同じく300円。
これを1時間待って登るというのは…、即、止めましたw。

東北の方はのんびりしてるのかなぁ。以前水害の時に秋田県知事がゴルフをしていて
も、豊田議員の秘書騒動で町会議員が兼業をしていても、怒っているのは東京のマス
コミばかりで、地元の方は「仕方ない」的なゆっくり感がありました。
やさしいのでしょうけど、いいのかなぁ。方言のせいなのか?

ということで弘前へ戻り、今度は五所川原へJRで行くことにしました。
15.jpg

18.jpg

あれ? 改札で演奏しているのは、「あいや」で津軽三味線を弾いていただいた渋谷
さんのお弟子さん兼お店のスタッフです(右の方)。
16.jpg

横で司会をしている方も、一緒に演奏した兄弟子さんでした。
17.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

メッセージを送る