So-net無料ブログ作成

三笑亭 山崎 おいしい和食 [和食・寿司・鰻グルメ]

西国街道を歩くために、山崎にやってきました。
まずは腹ごしらえ、駅前の「三笑亭」というお店に入ってみました。
1.jpg

ここは料理旅館と看板に書いてあるように古い旅籠で、「離宮天ぷら」という
名物があります。離宮とは、このお店の隣の離宮八幡宮のことで、油座のあっ
た山崎の油商人たちの守り神です。そこからいただいた御神油を使って天ぷら
を作ったのが、離宮天ぷらの始まりだそうです。
2.jpg

お店に入ってみると、人でいっぱい。地元のご家族連れ、団体さんが多いよう
で、天ぷらを揚げているご主人の前のカウンターしか席が空いていません。
人気店なんですねぇ。

天ぷら御膳2,700円をいただきました。あまりにもご主人と近かったので、写
真を撮る機会を逃しましたが、まず酢の物、炊き合わせと続いて、目の前で天
ぷらを揚げてもらい、その後ご飯と味噌汁、最後は梅の甘露煮で〆でした。

酢の物はタコやキュウリで夏らしく、少し濃い目の味付けでしたがお酒には合
うと思います。残念ながらこの日はお茶でしたが…。
炊き合わせもタケノコや鯛の子、ナスなどがバランスより入っていて、おいし
かったです。

さて名物の天ぷらですが、揚げたてがまずいはずはなく、海老の尻尾までカリ
カリで食べてしまいました。天ぷらの下に敷いてある紙には「宵ごとに都に出
づる油売り、ふけてのみ見る山崎の月」という歌があり、風情があります。
3.jpg

ただ難を言えば、全体のボリュームが少ないですね。2,700円というコストを
考えると、各ネタが小さ過ぎる気もしました。
それと何と言ってもスタッフの少なさ。誰に注文したらよいのかわからないほ
ど、バタバタと駆け回っています。女将さんがちょっと気の毒でした。そのた
め、懐石をやっているお店なのにドカンとお茶を置いたりして余裕が感じられ
ません。この日は、忙し過ぎたのかなぁ。




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 0

トラックバック 0