So-net無料ブログ作成

俵屋旅館 京都 [ホテル・旅館情報]

東海道踏破記念に、京都で泊まることにしました。京都までは電車で15分なので、
仕事以外で泊まったことは小学校の修学旅行以来だと思います。むっちゃ贅沢!

しかも選んだ旅館が「俵屋」さん。創業1704年、綱吉が生きていた時代のお宿で
す。大丈夫か、私…。
1.jpg

俵屋さんの前の道は、昼間ものすごい交通量です。その中で車を停めて、荷物を出
して(車は放置しておけば、係の方が駐車場に持って行って下さいます)、大騒ぎ。
何度も車に接触しそうになり、お宿の方に守られます。
2.jpg

でも一歩中に入ると、嘘のような静けさですね。さすが。
3.jpg

お宿の向いは、同じく京都三大旅館の「柊家」さん。宿泊客の乗って来るタクシー
が停まる度、どちらのスタッフも忙しいです。ちなみにもう1つの旅館は「炭屋」
さん。ここも同じ麩屋町通りにあります。

お部屋に通されると、まずお茶とわらび餅が出て来ます。おいし。
4.jpg

3階まである建物のお部屋は、全部で18室。全部内装が異なります。私たちは1F
の「栄」の間です。
6.jpg

女主人「佐藤年」さんのご挨拶文。
7.jpg

部屋ごとの絵などは、毎月変わります。栄のしつらいは長澤蘆雪の「水鳥図」。
名前は聞いたことがありますが、鑑賞するにはまだ人生経験が足りず…笑。
1.jpg

9.jpg

まずこのお庭に、目を奪われます。
10.jpg

12.jpg

掘りごたつ。
13.jpg

そこからもお庭が見えます。この見せ方に、非常にこだわりを感じますね。
16.jpg

「TVご覧になりますか?」と聞かれ、一応YESと答えると隠れていたTVが現れま
した。本当は、見ない方がよいのでしょうね。
11.jpg

入口を入った部分。
14.jpg

入口を出たところ。
20.jpg

お風呂。当然温泉ではありませんが、たっぷりのお湯が張ってあって、いつでも入
れます。木のお風呂はあたりが柔らかく、帰るまでに3回も入りました。
18.jpg

15.jpg

温度計と俵屋オリジナル石鹸。
26.jpg

洗面所。
17.jpg

トイレ。
19.jpg

寝る時には、お水などの他に時計と懐中電灯、電子蚊取り器などを用意してくれま
す。ティファニーの時計でしたが、目覚ましをセットする時、ちょっと苦労しますw
22.jpg

23.jpg

バスタオルも2枚分あるし、浴衣、タオル地の気持ちよいパジャマ…と至れり尽く
せり。本当にゆっくりできます。布団もベッドのような寝心地で、オーナーが研究
されただけのことはありますね。あ〜、帰りたくない!




nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 14

コメント 1

かずのこ

年々まわりにビルが増えてきましたが、
中は昔ながらのようですね。
あ~うらやましい^^
by かずのこ (2012-06-30 08:35) 

トラックバック 0