So-net無料ブログ作成

GRIMM/グリム3 赤の脅威、見守る眼差し、優秀な兵士、戦士狩り、凶事の前触れ、母の願い、古代の神々、危険なカーニバル [映画・演劇・コンサート情報]

「GRIMM/グリム」シーズン3の続きです。

「赤の脅威」「見守る眼差し」。
ポーランドに滞在していたロシアの治療師ボリス・ムイシュキンと妻オルガが招待された
パーティで、ムイシュキンは何者かに襲われます。抵抗した彼はヴォーガして、相手の男
に力を加え窓から突き飛ばします。男は放射能を浴びた状態になり、ホテルで瀕死の状態
で発見されました。ムイシュキンはコシチェイというヴェッセンで、病気や怪我を治療す
ることもできますし、人を殺すことも可能です。彼は過去にロシアで、保安庁の暗殺者を
していました。「見守る眼差し」は、シェークスピアの「ヴェニスの商人」が題材。
1.jpg

「優秀な兵士」「戦士狩り」。
警備会社勤務の元軍人ロン・ハードが、自宅で殺害されました。遺体の胸には大きな穴が
開き、凶器は不明でした。通報者のトロイ・ロッジはロンと同じ警備会社で働いていて、
軍事会社の社員としてロンと同じ任地へ派遣されていました。携帯の履歴から、ロンは昨
夜バーで酒を飲み、社長のマッケイブに3度も電話をかけていることがわかります。バー
の経営者は、ロンが女性ともめていたと証言。一方トロイの元へも、同じ任地で勤務して
いたフランキー・ゴンザレスが訪ねて来ます。「戦士狩り」は、「兄と妹」というグリム
童話から。
100.jpg

「凶事の前触れ」「母の願い」。
結婚を決意し家族に告白したモンローは、突然両親の訪問を受けます。ロザリーがフクス
バウで、しかもグリムと友人関係にあると知った両親は、激怒してモンローの家を出て行
ってしまいます。飛び出したロザリーを追ってスパイスショップへ行ったモンローは、両
親と絶縁してでも結婚すると宣言し、実際に両親にその事を告げます。父は同意しますが、
母は息子を失いたくない…とロザリーの店を訪ねます。警官や軍人を殺して頭の皮を剥ぐ
連続殺人犯はヴィルデスヘーアというヴェッセンで、警官でグリムのニックを狙っていま
した。冒頭の言葉は、「ヘンゼルとグレーテル」。
1.jpg

モンロー一家のドタバタは笑いました。グリムや息子の危機にも立ち向かう、勇敢で誇り
高いブルットバッドのパパ。でも決定権はママが持っている…というのがどこの世界でも
同じですね。

「古代の神々」「危険なカーニバル」。
ポートランドで、古代エジプトの棺が発見されました。棺を調べる事になったゲイツ教授
は早速自分の大学に棺を運び、ニュースでは「アヌビス」を象った棺に大興奮する教授の
様子が流されます。そのニュースを見て、憤慨した二人組の男が大学に侵入します。警備
員に見つかり男の1人は射殺され、もう1人は警備員を殺し逃走します。研究室には、強
盗犯が書いた「我は死者を守る」という象形文字の落書きが残されていました。
1.jpg

前回アスワングを見たウーに、誰か事情を説明してあげて欲しいですね。以前スポンジみ
たいなものも食べてたし、トラウマを抱えていて可哀想です。残りの人々は人間がヴェッ
センに行った非道な事実も段々わかって来て、融和路線を考え絆を深めているのに…。
彼だけ蚊帳の外ですね。


GRIMM/グリム シーズン3 バリューパック [DVD]


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0